So-net無料ブログ作成
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

丹下左膳の運転記 路上編その2 「左からくる車」に注意! 

kousaten.jpg

いよいよ路上編その2です。前に30km往復でほぼ1週間寝込んだことをお話ししました。
 
その後1年間は、自宅と室外リハビリのための第3駐車場との片道数分の運転のみで過ごしました。この間は特に問題も起きませんでしたが、ただアレ?と思うことが1~2度はありました。
 
信号のない交差点で右折するため一旦停止するのですが、突然(?)左から車が走ってくる・・・。「アレ?、俺、見えてなかったのか?」と思うことが1~2度あったのです。
「やはり左側の空間認識が多少甘いのか?」それ以降、一旦停止右折の場合、左側は特に気をつけるようになり、何度も確認するようになりました。
 
先日もそんなことが、ありました。助手席の女房で左が 見にくいこともありましたが、突然左からの車が目に入り一瞬どきりとしました。
 20170317キャプチャ.PNG
我々に、油断は禁物です。本当に脳の障害はイヤです。ただ、障害があるからこそ、田舎で移動手段としての車は欠かせません。電動シニアカー(セニアカー)、電動車いすもありますが、舗装された道路では有効ですが、田舎の石ころだらけの坂道では本当に不安定に思います。軽自動車なら悪路もほとんど気にすることはありません。
 

nice!(0)  コメント(0)