So-net無料ブログ作成
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
前の5件 | -

脳卒中ブログ村について

脳卒中ブログ村.PNG

2018年秋から私的「脳卒中ブログ村」をはじめました。


私は、ランキングサイトにいつも違和感を感じていました。
いつも同じ人が、記事の内容にかかわらず上位を独占している。一方、私が回復期退院後数年、毎日読ませていただいて参考にさせていただいていたブログはベスト10にかろうじて入るくらい。

こんなランキングが、脳卒中の後遺症で苦しむ人やそのご家族の役立つ基準となっているのか?
そんな疑問がいつもありました。


そこで、同病の方やそのご家族の多少でも参考になればと、日ごろ愛読させていただいている脳卒中関連のブログ記事を主に、ニュースやTwitteからも最新の記事等を加えたサイト「脳卒中ブログ村」を立ち上げました。
記事は毎日更新されていますので、是非ご覧ください。

nice!(1)  コメント(0) 

リハビリは、ささやかだが、強い誇りをもたらす 

 



 


イチロー選手の引退会見の言葉です。


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

【質問】キャリアの中で一番印象的だった場面はあるか


【イチロー選手】今日を除けば、MVPやオールスター出場、10年200安打は小さなことに過ぎない。


 

今日の舞台に立てたことは。


去年の5月以降のゲームに出られない状況にあって、チームと一緒に練習を続けてきた。


それを最後まで成し遂げられなければ、今日という日はなかった。


 

残してきた記録はいずれ誰かが抜いていく。


去年の5月から今日までの日々はひょっとしたら誰にもできないかもしれない。


 

それがどの記録よりも、自分の中ではほんの少しだけ、誇りを持てたことかと思っている。


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

脳卒中後遺症で重度の人は、慢性期以降いくらリハビリを続けても、良くなることはない。と言われます。


これは自分自身に当てはめても、ある意味当たっているようにも思います(特に上肢に関しては)。 ですから私は、三好春樹先生の言うところの「95%の諦めと5%の希望」の心持で、なお5%を信じて約9年リハビリを続けてきました。


 

でもこのイチロー選手の記者会見を聞いていて、リハビリが効果があるかないか、もう二の次のような気がしてきました。





5%の可能性を信じてリハビリを続ける。それがささやかだが、強い誇りをもたらす。もうそれで十分な気がします。


 

人生と同じで努力したからといって、必ず報われるとは限らない。ですが努力することが自分の誇りを育てていく。それが自分らしい人生を生きたことなんだと思います。


 

リハビリ効果が、思うように出ない同病の皆さん。結果がでなくても、あきらめたりせずリハビリを続けましょう。それが、自分らしい人生を生きることになり、自己表現でもあるのです。そんな姿勢にこそ他人は励まされるのです。


 


それが、イチロー選手のように、最終戦で大きなギフトを手に入れることになるかもしれません。


 


nice!(0)  コメント(0) 

年を重ねただけでは「人生の達人」になれない

 


 561cc672214fe417c07a51d3145347d5_s.jpg


 

今回も「絶望老人」神郷由紀著からピックアップさせていただきます。


絶望老人

絶望老人

  • 作者: 新郷 由起
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 単行本

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 


◆確かにお金があれば幸せになれる選択肢と可能性は増すだろう。


だが裕福でさえあれば誰もが必ず幸せになれるとは限らない。 逆にお金がなければ全員が不幸になるとも決めつけられない。


◆ 万人にとって人生の長さが幸せの量と必ずしも一致しないように、経済的豊かさもまた幸せの量や質とかぐし必ずしも正比例に関係にはないからだ。


◆幸せを希求して上を見ればきりがなく、我欲には 際限がない。 必要なのは足るを知る感覚を踏まえて、生きる知恵と生活力を備えること。


◆たくさんのお金がなければ生きられない。幸せを感じられない生活と価値観に固執せず限られた収入の中で生きられる知恵や工夫、方法を身につけ 、その中で自身が楽しめる人生の目的と手段を得ることだ。


◆言い換えれば長い人生経験の中で、どのような状況でも自分を「活かして」生かす力を養って来なかった人、 生きるセンスを培えず(つちかえず)にいた人ほど、長く生き延びた老いの日々を、苦心して送ることになる。


◆これまでの実りを得られる人もいれば、しっぺ返しを食らう高齢者もいる。 貧富の差に関わらず単に歳を重ねただけで誰もが「人生の達人」になれるわけではない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 


当たり前ですよね。楽に生きてきたら、年齢重ねるだけでは、何の蓄積ももたらさない。むしろ悪い贅肉が付くだけ。人生70年の時代はそれでもよかったかもしれませんが、定年後20年以上生きなければならない人生90年の時代では、どこかでつけ払わされます。逆に苦労したことが、大きな喜びをもたらすこともあります。


 


第二の人生も意識して第一の人生を送ることが大切なようです。威張らない、やりこめない(議論で勝たない)、汗をかく、鈍(どん)な人の方が第二の人生では上手くいきそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

自由で自らの心を鎮める歌


9402f5c19eb7a2745dc25795091e4dca_s.jpg


風になびく


富士の煙の


空に消えて


行方も知らぬ


わが思いかな


この、一見さりげない句、実は西行の句です。しかも西行自身がこの歌を自ら詠んだ歌のNO1(自賛歌)に上げてるのです。


白洲正子氏は「この明澄でなだらかなしらべこそ 西行が一生をかけて 到着せんとした境地であり、ここにおいて自然と人生は完全な調和を形づくる」と解説されておられます。


私は五行歌を、従来の歌でも詩でもないと考えています。生活・心情のコアなものを取り出して濃縮して表現するため一応五行という目安があるだけで、自由で制約がないもと思いながら作っています。


しかし、西行の自賛歌であるこの句にはやはり衝撃を受けました。形式を超える心の自由さと、自らの魂を鎮める自然の姿を切り取った言葉に、やはり歌の理想の姿を見ます。

nice!(0)  コメント(0) 

苦手な人とどう付き合うか 女性看護師編


5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_s (3).jpg


 女性看護師さんによって気が合いそうなタイプ、どちらとも言えないタイプ、どうも苦手と感じるタイプがあります。わたしは、柔らかくおもしろいタイプは気が合いますが、勝ち気なタイプはどうも苦手です。


 

勝ち気、強気なタイプには闘争心さえ感じるのです。接しているとどうしても態度や言葉に”ぞんざいさ”を感じるのです。私の経験ではわりと美人が多く上から目線で人を見る。負けず嫌いな私は、ムラムラ反発心がわいてくるのです。


 

ある意味自分と似た面も無くはない人なのですが・・・。とにかく私の場合「ムラムラ反発心」が問題なのです。これをコントロールする必要があるのです。


 

世の中自分の気の合う人とだけ付き合って楽しくやっておれれば、それは幸せなのですが、これから先に病院や施設等で暮らす可能性は誰しもありますので、気の合わない人、苦手だと感じる人とも付き合っていく必要があります。それができてこそ人間的な成長もあります。


 

所が、これまでの私は、好き嫌いが激しく、苦手だと感じれば、それ以降は、その人との会話は避ける傾向にありました。


 

ですが、今回の入院では「苦手だと」とすぐに判断してしまわないで、何とかそんな看護師さんともうまく付き合えるようになろうと思いました。そこで次のようなことを意識しました。


 

とにかくこの人は、私にはカチンとくる人なのだと意識して、多少のことはやり過ごす。時間を置き、その感情を希薄化するようにします。


 

そして、そんなことで会話を続けていると、中には共感できる事や話もたまに出てきました。そうなると、会話が成り立ち、案外良い人だったと見直すことがあったのです。「苦手な人」と早々結論付け、正面衝突でもしてしまうと機会を逃します。


 


会話の中で、その人の面白い面を発見したり、ズバリ問題を指摘されることが、心地よかったりするのです。私は、実に勝手な男です(笑)


 


今回の入院で苦手な人とも付き合える経験を積むことが出来たのは収穫でした。


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。